芸能義塾大学(福笑諭吉のブログ)

お笑い業界の教科書を作りたい。

女遊びは芸の肥やし

おはようございます。

 

福笑 諭吉(ふくわら ゆきち)です。

 

さて、今回は「女遊びは芸の肥やし」というテーマについて。

 

芸能界では古くから言い伝えられている言葉ですが、お笑い芸人においてもその風潮は色濃く残っています。

 

では、本当に女遊びが芸の肥やしになっているのか?

 

私には芸人が常連ファンと懇ろな関係になってしまった時の言い訳にしか思えないのです。

 

別にファンに手を出すのはそれぞれの自由だと思ってます。

 

芸人になる人の9割はモテたくてお笑い業界に入ってきてると言っても過言ではないですからね。

 

でも、簡単にイケるファンと遊ぶことは何一つ芸の肥やしになっていないのではないでしょうか。

 

では、「女遊びは芸の肥やし」とはどういうことなのか、私なりに解説してみたいと思います。

 

例えば、お金を持っていない若手芸人が銀座の高級クラブでホステスを話術だけで落とすことができたら、これって話術の向上にもつながりますし、エピソードトークとして聞いても面白いですよね?

 

芸の肥やしと言い切るには女遊びの過程がしっかりと芸人としてのスキルとして身に付くものでなければなりません。

 

すぐに手を出せる関係のファンにしかイケないのに「芸人だったら遊んでなんぼ」みたいなことを言ってるそこのアナタ!

 

その遊び方で本当に芸の肥やしになってますか?

 

それに、常連ファンに手を出す芸人の噂なんてすぐに広まっちゃいますからね?

 

誰と誰が関係を持ったとか、そういう噂が広まるのは一瞬です。

 

どの地域にも芸人が経営しているバーがありますが、そういう場所に入り浸ってるファンに手を出したら、すぐに芸人仲間の耳にも入りますよ?

 

常連ファンに手を出すことが自身の評判を下げるリスクに繋がるということを全員が自覚すべきだと思います。

 

「女遊びは芸の肥やし」と言うのであれば、自身にとって高嶺の花であるハイスペックな女性を話術だけで落とすくらいの気概を見せてもらいたいものだなと思う次第であります。

 

さて、次回は「スタッフを目指すなら新卒で」というテーマで書こうと思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

ではでは(^O^)/