芸能義塾大学(福笑諭吉のブログ)

お笑い業界の教科書を作りたい。

プロとアマチュアの違い

おはようございます。

 

福笑 諭吉(ふくわら ゆきち)です。

 

今回は「プロとアマチュアの違い」というテーマについて書いてみようと思います。

 

お笑い業界のプロとアマチュア、何が違うかを一言で説明すると「責任感の有無」です。

 

責任感と一口に言っても色々とありますが、例えばプロの芸人はプロダクションの看板を背負って舞台に立つわけですから、軽々しくスベることはできません。

 

また、お客様はお金を払って舞台に見に来ているわけで、対価としてそのお客様を笑わせるのがプロの芸人としての責任ではないでしょうか。

 

なのでプロとして舞台に立つ以上は色々な大人達を巻き込んでいるということを自負して下さい。

 

そして、もうひとつ!

 

プロとアマチュアの明確な差があると私は思っています。

 

それはネタのクオリティです。

 

「何を今さら当たり前のことを言ってるんだ」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これまでにいくつものアマチュアのネタを見てきて、共通点が見えてきました。

 

・・・というわけで、アマチュアのアマチュアによるアマチュアネタの特徴をまとめてみたいと思います。

 

①内輪ネタ
身内をイジってお客様を笑わせようとする、アマチュアにありがちなネタです。
人間は知らないことに対しては笑えないんですよ。
皆が知ってる話題で伝えるのがプロの仕事ですよね。

 

②客いじり
これもよくやりますよね。
お客様の容姿をイジって笑いを取ってるつもりなんでしょうね。

でも、それってただ他人を貶めるだけになってません?

 

③CMネタ
流行りものを取り入れるのは悪いことじゃないと思うんです。
ただ、ネタにも旬ってものがあると思うんです。
数か月後、数年後、ひょっとしてそのネタ腐ってません?

 

④ダジャレ
親父ギャグが散々バカにされてる時代ですよ?
他人にダジャレに対しては寒いって言うのに、自分のダジャレだけはウケるんですか?

 

⑤下ネタ

お笑いをナメてますよね?

そんなことで笑うのは小学生以下だけですよ?

 

大きくまとめるとこんな感じです。

 

あっ、「ナイツはダジャレで売れてるじゃねぇか!」とか、そういう意見は受け付けませんよ(´ー`)

 

ナイツさんのネタがただのダジャレに見えてる方にどうこう言っても無駄なので、そこは忖度して下さい。←

 

あと、気を付けなければならないのが放送禁止用語

 

ネットで探せばいくらでも出てくるのでここには貼りませんが、放送禁止用語を避けるのもプロの仕事です!

 

養成所なんかでも放送禁止用語は使うなって散々言われてるはずなんですけど、絶対に誰かが使っちゃうんですよね。

 

注意されたことを忘れて「めくら!」とか「つんぼ!」とか怒られない為にも、普段から意識しておきましょうね♪

 

「責任とかそういうのいいから」って人も居ると思いますけど、それはそれで別に良いんじゃないですか?

 

ずっとアマチュアとして、楽しくお笑いをやるのも全然悪いことじゃないと思いますよ。

 

プロになることが全てじゃないと思いますしね、うん。

 

でも、プロの芸人として生きていきたいのであれば自分の行動と言葉には責任は持っていたいものですね。

 

次回は「SNSとの向き合い方」というテーマで書こうと思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

ではでは(^O^)/

お笑い業界のピラミッド

皆様、おはようございます。

 

福笑諭吉(ふくわらゆきち)です。

 

今回は「お笑い業界のピラミッド」というテーマについて書いてみようと思います。

 

お笑い業界には「BIG3(ビートたけし明石家さんまタモリ)」と呼ばれる大御所タレントを頂点としたピラミッドが存在するのは皆さんもご存知かと思います。

 

※敬称略!!!!!揚げ足取り(・A ・)イクナイ!!

 

そして、BIG3に続くのがとんねるずダウンタウンウッチャンナンチャンを中心としたお笑い第三世代と呼ばれる方々。

 

さらにはナインティナイン雨上がり決死隊・・・と挙げていけばキリが無いくらいに人気お笑い芸人が活躍しています。

 

このブログを見ている方々の中には「お笑いで天下を取る!」と大きな野望を抱いている人も居るかと思います。

 

でもね、冷静になって考えてみてみましょうよ。

 

お笑いで天下を取るということは、これらの人気芸人さん全員に勝たなければならないということ。

 

もちろん、上に記載している方々以外にもスターと呼ばれる芸人さんはたくさんいらっしゃいます。

 

その中には勿論M-1グランプリ王者も含まれています。

 

キングオブコント王者だっています。

 

その方々よりも面白いという自信、ありますか?

 

なんばグランド花月で活躍する方々だって、人気番組のMCだって、全員をなぎ倒していかねばなりません。

 

どうです?自信が無くなってきたんじゃないですか?

 

あまりにも敵が強くて勝算が無さ過ぎると思いません?

 

(↑どうしてもお笑い業界に入るのを阻止したい私)

 

えっ、何ですって!?それでもお笑い芸人になりたいというのですか!?

 

わかりました、微力ながら協力しましょう。

 

じゃあ、あなたがお笑い業界の門を叩いたとして、現実的なところから書いていきますね。

 

まず、養成所を卒業するなり、オーディションに合格するなりでプロの芸人としてのキャリアをスタートさせたとします。

 

そうですね、わかりやすく吉本興業を例に挙げてみましょうか。

 

NSCを卒業すると、新人芸人として吉本興業というピラミッドの最下層に組み込まれることになります。

 

そして、最初は無限大ホールという若手芸人が多く活躍する劇場が舞台になります。

 

無限大ホールというピラミッドの最下層から、実績を積んで、着実に上を目指していく。

 

それがお笑い芸人としての最初の活動となるでしょう。

 

・・・。

 

今ひょっとして「ピラミッド多いな!」と思いませんでした?

 

そうなんです、芸能界は複数のピラミッドで構成されていると言っても過言ではないんです。

 

説明しますと、無限大ホールで最下層から上位に上り詰めたら、無限大ホールの上位に位置する劇場にて出番を貰えるようになります。

 

そして、その劇場でも結果を出せば、ルミネtheよしもとの前説としてお声が掛かったり、吉本興業が制作しているテレビ番組に呼ばれたりと、次なるステップへと進むことができるのです。

 

つまり、与えられた場所で結果を出して、上位のピラミッドへ移り続けることで、吉本興業という大きなピラミッド、さらにはお笑い業界という巨大なピラミッドをはい上がることになります。

 

ちなみに、ワタナベエンターテインメントも、太田プロダクションも、人力舎も、ピラミッド構造を勝ち上がる必要がある点に変わりはありません。

 

事務所によってピラミッドを勝ち上がる方法も変わってきますが、結果を出さなければならないということはどの事務所も同じです。

 

でも、このピラミッドをはい上がる為にどれだけの期間が掛かるのか、気になりますよね。

 

お答えしましょう。

 

人それぞれです。

 

10年掛かっても最初のピラミッドさえ勝ち上がれない芸人が居る一方で、芸歴1年目でスターダムにのし上がってしまう芸人も存在します。

 

ちょっとしたことがきっかけでブレイクすることだってあるでしょう。

 

でも、そのちょっとしたことが起こらない可能性だってある。

 

事実、これまでに数え切れないくらいの人達が陽の目を見ることが無く、お笑い業界から去っていきました。

 

それでもお笑い業界に入りたいというのであればもう止めません。

 

でも、そこまでしてお笑い業界に入ろうと思うのであれば、私からお願いがあります。

 

どうか、そのちょっとしたことをチャンスだと思う努力をして下さい。

 

チャンスをチャンスとして認識できなければ、それはもうチャンスではなくなります。

 

チャンスボールをしっかり捉えて、きちんとしたフォームでバットを振るからヒットを狙うことができるのです。(野球に例えてみたけど、野球全然わかんない←)

 

いずれ来るかもしれないチャンスに備えて、普段から売れる為の努力を欠かさずに行動しましょう。

 

その意識改革こそがピラミッドをはい上がる為の第一歩だと、私は思います。

 

次回は「プロとアマチュアの違い」というテーマで書こうと思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

ではでは(^O^)/

お笑い芸人になるには?

ども、福笑っす。

 

2回目にして手抜き挨拶から始めましたが、内容はいたって真面目に書きますね。←

 

さて、今回のテーマは「お笑い芸人になるには?」です。

 

きっと”お笑い芸人 方法”などでググって、このブログにたどり着いた方も居るかと思います。

 

そんな皆様へ伝えたい。

 

やめとけ!!!!!

 

YAMETOKE!!!!!

 

いいですか?もう一度書きますよ。

 

や め と け ! ! ! ! !

 

僕も必死です。

 

これ以上に人生を無駄にする人を増やしたくないのです。

 

「それでも俺はお笑い芸人になる!」と思う方、もう一度考えてみませんか?

 

これまであなたを育ててくれた家族の顔、思い出してみませんか?

 

大事な人達を不幸にしたいですか?

 

・・・。

 

・・・・・。

 

どうです?真面目に就職したくなってきたでしょう?

 

えっ、やっぱり夢を諦めきれない?

 

そうであるならば仕方がありません。

 

では、こちらも真剣に説明させて頂きますね。

 

お笑い芸人になる為には大きく分けて2つの方法があります。

 

※あくまでも”大きく分けて”ですよ。ゴチャゴチャ言われても知らんがな(´・ω・`)

 

①各プロダクションが運営するお笑い養成所に入学する。

 

これ、メジャーな方法ですね。

 

今、テレビで活躍する大半の芸人さんがお笑い養成所を経ています。

 

では、養成所に入る為に必要なモノをご紹介しますね。

 

現金

 

これだけです。

 

入学金さえ準備できれば、よっぽどの基地外変わり者でない限りは入学させてくれることでしょう。(これマジで)

 

今すぐ入学金が準備できないという方の為に、養成所によってはローンを組めるところもあるみたいなので、生活に困窮している方は調べてみて下さいな。

 

でも、そこまでして通う人が多い養成所のメリットって何だろうって考えちゃいますよね?

 

早速ですが、その答えをお教えしましょう。

 

答えは養成所を卒業すればそのまま芸能プロダクションへの所属できる可能性があるという点。

 

所属できた時点であなたは芸能プロダクションの立派な養分お笑い芸人です!おめでとう!

 

あっ、ひとつ注意があります。

 

卒業後に芸能プロダクションに所属できる”可能性がある”というだけで、必ず所属できるわけではありませんからね。

 

事務所によっては高いハードルを課すところもありますので、とにかく事務所に所属できれば良いって方には吉本興業をオススメします。←

 

養成所ってどんなところなのか、気になる方も多いと思いますのが、それについてはまた別の記事で。

 

②各プロダクションが主催するオーディションに合格する。

 

養成所の普及で最近はオーディションの機会も減りましたが、この方法で芸能界入りした先輩方も多く、これも一つの王道と言えるでしょう。

 

オーディションで芸能界入りする何よりのメリット、それは養成所への入学金が不要だということ。

 

これに尽きます。

 

養成所に行くお金なんて無いという人もたくさん居るでしょう。

 

そういう方はオーディション用にネタを作って、正々堂々と芸能界への門を叩いちゃいましょう!

 

そして、もしもこれからオーディションを受けようとしている人が居たら、僕からのアドバイスです。

 

大声を出そう!

 

声が小さいとよっぽどのネタじゃない限りは落とされます。

 

よっぽどのネタであればそのセンスを買ってくれる人も居るかもしれません。

 

でも、審査員もこれまで数多くの新人を見ています。

 

新人が作ったちょっとやそっとのネタで笑うはずがありません。

 

それによっぽどのネタなんて滅多に作れるものではありません。

 

・・・というか、新人にそこまでのネタを期待していません。←

 

それだったら大声を出して、度胸があるという一点をアピールした方が合格率はグッと上がるかと思われます。

 

私も新人教育に携わったことがあるからわかるんですけど、ネタを作るチカラよりも度胸を身に付けさせる方がよっぽど大変なんですよね。

 

そんな理由もあるので、「最初から度胸のある新人を採用して育てていこう」という審査員の目論見にピントを合わせて、度胸のある新人を演じようじゃありませんか!

 

そうすれば確実にオーディションに合格する可能性は上がるはずです!

 

それでも合格できなかった場合はお笑い芸人になることを諦めるか、養成所に現金を納めてサクッと芸人デビューしちゃいしましょう♪

 

・・・というわけで、お笑い芸人になる方法をまとめてみました。

 

お笑い芸人になるのって簡単なんだな・・・と思いませんでしたか?

 

そうなんですよ、意外と簡単になれちゃうんですよ、お笑い芸人って。

 

ただ、お笑い芸人として売れるのがクソほど難しいわけで。

 

だから売れてない芸人がクソほど居るわけで。

 

確実に売れる方法なんてありません。

 

でも、売れる確率を上げる方法はありました。

 

その売れる確率を上げる方法を今後少しずつ書いていければと思っています。

 

次回は「お笑い業界のピラミッド」というテーマで書こうと思います。

 

今後はお笑い芸人だけでなく、裏方を目指す人にとっても参考になる記事も書いていく予定ですので、質問コメントなども受け付けております。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

ではでは(^O^)/

はじめに。

当ブログにアクセスして頂き、ありがとうございます。

 

「芸能義塾大学」なんて仰々しいブログタイトルを付けて、一体何なんだとお思いの方もいらっしゃると思います。

 

まずは何故このブログを立ち上げようと思ったかを説明させて頂きますね。

 

実は私、この10年ほどお笑い業界の片隅で生きておりまして、最近ふと思ったことがあるのです。

 

「お笑いに教科書があれば、もっと楽に、効率良く売れるんじゃね?」

 

※「10年も活動してきて気付くの遅くね!?」なんてコメントは受け付けません。

 

そんなわけでお笑い業界に教科書が無いということに気付いちゃったので、決めたんです。

 

後進の為に、お笑い業界の新たな教科書を作ろう、と。

 

まぁ厳密に言えば漫才・コント入門なんて本もありますし、お笑い業界への入り方だってネットで探せばすぐに見つかる時代です。

 

ただ、ひとつ言えるのはいずれも古い情報で、新鮮味に欠けるということ。

 

お笑い業界も世界情勢と同じく日々動いているのです!

(動いててくれなきゃこのブログの存在意義が無くなります。←)

 

・・・というわけで遅筆ではございますが、お笑い業界への潜り方、養成所に入るメリット・デメリット、お笑い業界での処世術など、様々なテーマで記事を書いていければと思っています。

 

あっ、そういえば自己紹介がまだでしたね。

 

私、福笑 諭吉(ふくわら ゆきち)と申します。

 

偽名です。←

 

お笑い業界歴10年ほどのペーペーなので、「お前ごときに何が書ける!?」と言われるかもしれませんが、あくまでも個人ブログなので好き勝手書かせて頂きますね (◜◡◝)フヘヘ←

 

お笑い業界については誰よりも分析していると自負していますので、少なくともデタラメな情報は出さないようにするつもりです。

 

ただ、皆様からしてみればよくわからないヤツであることには変わりありませんので、簡単にプロフィールをまとめてみます。

 

以下、簡単にまとめられたプロフィール

●三流私大卒

●新卒で就職した広告代理店を1年で退社。

NSC東京の構成作家コースへ入学。

※2010年より構成作家コースはよしもとクリエイティブカレッジに移行しています。

構成作家としてなんやかんやありました。

(劇場でのライブ・地方支社のプロジェクト・テレビ番組の構成・お笑い養成所の講師など、なんやかんやです。)

構成作家を辞めました。

 

はい、簡単にまとめてみました。

 

福沢諭吉先生の名前を借りておいて、慶應大卒じゃないんかい!!

 

・・・というツッコミはさておいて(←)、そうです、既に構成作家は辞めています。

 

まぁ厳密に言うと構成作家を名乗るのを辞めたというだけで、構成作家的な仕事もちょくちょくやっているんですが、それについてはまた後日説明させて頂きます。

 

ただ、構成作家を辞めたからこそ書けることもあると思うんですね。

 

今までは構成作家として生活費を得ていましたので、養成所で教えていることも含めて門外不出の仕事術だってあったわけです。

 

でも、私は構成作家を辞めた!

 

だから何でも言える!

 

出し惜しみしてきた仕事術だって全部公開しちゃうぜ!

 

だって一部の人に教えるよりも、こうやって公開した方が面白いもんね!

 

そんなわけでお笑い業界のこと、全部言っちゃうね!

 

講師として小金を稼ぐよりも、もっと大切なことがある!!

 

いえーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!

 

すみません、取り乱しました。

 

でも、フリーな立場だからこそ書けることをこのブログには書いていこうと思っています。

 

長々と書きましたが、最初なので多めに見て下さいまし。

 

週一ペースくらいで書いていこうと思ってますので、宜しければブックマークを宜しくお願い致しますm(__)m

 

最初は「お笑い芸人になるには?」というテーマで書こうと思います。

 

ではでは(^O^)/